多芸な人ほど重宝される?工場で求められる人材について学ぼう!

車両系の免許を持っている人は配属される部署が多彩

ひと口に工場と言っても、扱っている製品によって業務内容は様々です。同じ生産でも食料品と機械製品とでは作業内容や衛生管理などが大きく異なります。それぞれの工場で必要とされる人材に違いが生じるのは当然ですが、その一方で車両系の免許を持つ人はどの工場でも優先的に雇用される傾向があるのも事実です。トラックやフォークリフトなどの作業車両は原料や製品の運搬に不可欠なことから、免許を持っている人がいないと仕事にならないという問題があります。そのため、多くの工場では資格手当などの名目で作業車両の免許所持者を優遇し、人員の確保に努めています。また、既に雇用している工員に運転免許を取得させる所もありますが、そのような場合でも免許取得の費用を工場が負担するなどの優遇策を取るのが一般的です。

機械や薬剤の取り扱いに関わる資格所持者は経験重視

工場の業務内容によっては機械を操作したり薬剤を扱うことがあります。機械や薬剤によっては扱うのに資格が必要な物もあるため、工場の求人では資格所持者を優先的に雇用することがあります。しかし、単に資格を持っているだけではなく、実務経験がある人に限るケースも少なくありません。これは資格によっては筆記試験だけで取得できるものがあり、機械や薬剤の現物を扱った経験が無い人も一定数存在するためです。作業車両の免許を取るには必ず本物の車両を運転して技能の良し悪しを審査されます。しかし、一部の機械や薬剤の取り扱い資格にはそのような実技講習が無いことから、作業現場でのトラブルを避けるためにも実務経験者を優先する向きがあるのです。

utエイムの求人情報なら