流れやポイントを知ろう!新卒採用の方法とは?

新卒採用の流れ1「募集」

新卒採用をする時には、最初に新卒採用計画を立てます。採用したい人数やスケジュール・採用要件をまとめることが大切です。その後、就職希望の学生を集めます。学生を集める方法はさまざまですが、ホームページでの求人募集や会社説明会・見学会などを実施し、自社に興味を持ってもらうといいでしょう。広報や説明会・応募受付は、3月~8月頃に行います。募集の段階で学生から問い合わせがきたら、迅速に対応できるシステム作りが重要です。電話受付をする場合は、フリーダイヤルも用意しておくといいでしょう。

新卒採用の流れ2「選考」

新卒採用の流れで、選考は重要な項目です。最初に書類選考をしてから、面接や実技試験を行います。面接を複数回行う場合は、第一面接と第二面接で面接官を変えることが多いです。あらかじめ選考基準を設けておくことで、欲しい人材像が明確になります。学生の成績や所有資格だけでなく、言葉遣いや態度・仕事に対する姿勢などを確認しましょう。

新卒採用の流れ3「動機づけ」

最後に内定者フォローをして、動機づけをすることが大切です。例えば、内定者とコミュニケーションをとり、不安や疑問に思っていることを解消していきます。この動機づけをしっかりと行わないと、内定を断られる可能性もあるのです。欲しい人材に就職してもらうためには、内定者フォローに力を入れるといいでしょう。面談や社内行事への参加・短期アルバイト・合同合宿などを行い、就職前から自社について興味を持ってもらうのが望ましいです。

就職活動が売り手市場だと、企業は有望な人材の確保が難しくなります。そこで新卒採用コンサルティングを利用することにより人材を集めてもらうことができます。