外資系企業はどんな仕事をするの?業務内容の詳細について学ぼう!

外資系企業の定義と業務内容

外資系企業は経営に外国人、あるいは外国の法人が関わっている企業を指します。企業の拠点はあくまで日本にあり、外国企業が日本に置く支店や営業所とは成り立ちが異なるのが法律上の定義です。一方で外資系企業の体裁を保ちつつ、実際は外国企業の支店として営業している企業も少なくありません。外資系企業は外国人が経営に関わっていることから、業務内容も複数の国を相手にした国際的なものというイメージがあります。多くの外資系企業が外国でもビジネスを展開しているのは事実ですが、中には日本国内だけの業務を行っている企業も存在するので、一概に断言することはできません。

外資系企業が求める人材について

外資系企業が求める人材は語学に堪能でグローバルな視点を持つインテリというイメージがあります。そのような人材を求める企業も存在しますが、それ以上に社交的で人付き合いの良い人こそが最も重視されることを理解することが重要になります。外国人と接する機会が多い仕事において、価値観や考え方の異なる相手と友好的な関係を構築できる社交性の高さは貴重な技能です。語学については企業で働き始めた後からでも学ぶことができますが、人付き合いの技能は一朝一夕で身に付くものではありません。そのため、外資系企業は即戦力として友人が多く幅広い交流を持つ人を優先的に採用する傾向があります。面接の場でサークルへの参加やボランティア活動について詳しく聞くのも外資系企業ならではの光景ですが、これは求職者の社交性を確認するのが目的なのです。

外資 IT企業の仕事は労働時間が長いハードワークなため、ハードな環境に耐えられる体力も必要になってきます。