どんなドライバーになりたい?種類による違いを知ろう!

ドライバーは種類によって仕事が違う?

ドライバーにはトラックによる長距離輸送や宅配車による地域運送などの運送系の仕事に加え、タクシーやバスなどのように人を乗せて運転する仕事もあります。さらにより視野で見ると土木系や建築系の現場では特殊車両を運転するドライバーの仕事もあり、様々な種類の仕事を選ぶことが可能です。その種類によって担当する業務にも違いがあるため、やりがいにも働き方にも相違点があります。車を運転するということだけが共通しているところで、運転する車の種類から違っていて、必要な免許の種類も異なっています。そのため、ドライバーの求人を探すときにはどのように仕事をしていきたいかをできるだけ具体的に考えておくことが重要です。

どんなドライバーが良いかを考えよう

ドライバーとしてどんなことにやりがいを感じて働いていきたいか、ワークライフバランスをどうしたいかといった点が種類を決めるときに役に立つ観点です。例えば、長距離運動のトラックドライバーになりたいと考えると早朝や夜間のドライブが多くなり、大型トラックの運転をするのが日常になります。同じルートの運転が多いのでルーチンで働けるメリットがあり、自分が運んだことで運び先から感謝されるやりがいがあるでしょう。ただ、昼間は休んで夜に働くというリズムになるのがつらい場合もあります。

その点で宅配便のドライバーは日中の仕事のみになるというメリットがありますが、運ぶ荷物に応じて臨機応変な対応をするのが大変と感じる人もいるでしょう。このように色々な角度から違いを考えてどんなドライバーとして働きたいかを決めるのが大切です。

三重のドライバーの求人にはトラックの中距離運送があるのが特徴です。愛知や大阪、京都までの運送が多いのが理由になっています。