気が重いからこそ万全な対策を!面接時に使える小ワザ

面接に慣れていなくても大丈夫!

面接は緊張する人がほとんどではないでしょうか?面接に慣れた足取りでやってくる応募者はほとんどいませんから緊張していても大丈夫です。面接時のマナーも様々なものがありますから混乱してしまうこともあるでしょう。

最低限、これだけ頭に入れておけば乗り越えられる場面も多いはずです。

緊張のあまり頭が真っ白に…!

様々な予習の上で臨んだ面接でも、予想通りの質疑応答とは限りません。それどころか、用意していた答えをど忘れしてしまう可能性もあります。

そんな時は、正直に面接官に伝えたほうが好感度が高まります。「緊張してしまって言葉が出てこなくなってしまいました。申し訳ありません」と一言伝えるだけで、その場の空気も和らぎます。

質問をしたのにずっと無言で座っているより、「ああ緊張しているんだな」と分かった方が面接官も安心するでしょう。

「緊張している」と言ってしまえば楽になる?

不思議なもので、「緊張している」と言葉にした後は落ち着いて受け答えができたという経験談が多いのです。自分の状態を客観的に確認し、それを言葉にして、包み隠さずに相手に伝えるということは大切です。

棚ぼたもありえるかも?

それだけではなく、いい意味で受け止めてもらえる場合もあります。

「緊張している=面接・転職に慣れていない=長く仕事が続けられる人」

「緊張している=謝罪する=真面目な人」

雇う企業にとってはコストをかけて採用するわけですから、もちろん長く勤めてくれる真面目な人を求めているケースが多いのです。

緊張しているという理由で落とされることはまずありません。大切なのは臨機応変な対応力です。

頭が真っ白になってしまった時の対策も覚えておいて、面接の”もしも”に備えておきましょう。

サンキョウテクノスタッフは、豊橋市に本社がある人材派遣会社で、全国19か所に営業所があります。主として工場などに短期労働者を派遣しています。