秘書の働き方の中で派遣を選ぶメリットとは?

優良企業で週に数日程度働くことも可能

派遣の秘書の収入額は正社員と比べて低くなりがちですが、優良企業で週に数日から働きやすいといった大きなメリットがあります。また、過去に正社員として秘書の仕事をしていた人や、秘書検定をはじめとした業務に関する資格を持つ人は、短時間の勤務であっても恵まれた条件で働くことも可能です。最近では、雇用形態にかかわらず優秀な秘書を採用しようとする企業の数が増えているため、派遣会社に登録をして自分のキャリアや得意分野を活かせる職場を探してみるのも良いでしょう。また、大手企業に派遣の秘書として採用された場合には、派遣先によりますが、子育てをしながら長く働けたり、正社員と同じような福利厚生を利用できたりすることもあります。

実務経験を積んでから正社員にチャレンジができる

派遣の秘書の求人条件は、派遣先の企業の方針や業務内容などによりますが、正社員よりも厳しくないことが多く、未経験者も働きやすいといった特徴があります。大手企業の中には、勤続年数が長く勤務態度が良い派遣の秘書を対象に、正社員登用を行っているところも珍しくなく、将来的に慣れた職場で働き続けることも可能です。最近では、全国の都市部を中心に、紹介予定派遣といった雇用形態で派遣の秘書の募集をしている企業の数が増えており、若手からベテランまで様々な立場の人にとって採用のチャンスが広がっています。そうした中、理想的な条件で働き始めるうえで、時間を掛けて志望企業の秘書の働き方について理解することが大切です。

正社員で雇うほどのコストは負担出来ないけれど、いると便利なのが秘書です。秘書の派遣ならニーズも満たせてコストも抑えられます。