工場の仕事を選ぶ際に失敗しないためのポイント

残業時間をチェックすること

工場の仕事を探す際には、できる限りブラックな職場は避けるようにしなければなりません。万が一ブラックな職場に就職してしまうと、心身ともに疲弊してしまい、長く働き続けることが困難になるからです。では、ブラックな職場かどうかを見極めるためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。これについて、まずチェックした方が良いのは、求人情報の中で示されている残業時間です。

開示されている残業時間が10時間から60時間のように幅があるような場合には注意しなければなりません。というのも、ほとんどの月は50~60時間の残業を強いられるにもかかわらず、年に1回くらいは残業が10時間くらいの月があるだけでそのような表示がされている可能性があるからです。もし残業時間に開きがある場合には、実態をより詳しく調べてみた方がよいでしょう。

実際に職場見学をすること

ブラックな職場かどうかを見極めるためには、実際に職場となる工場を見に行ってみるというのも有効です。見学する際は、そこで働いているスタッフの様子を観察して、彼らが活き活きと仕事をしているかどうかをチェックするようにしましょう。多くのスタッフが疲れり、やる気がなさそうな様子を見せているようだと、仕事がかなりハードである可能性があります。自分の体力に自信がある方であれば問題ないかもしれませんが、そうではなかったり、ワークライフバランスを重視したいという方の場合には、そういった職場は避けた方がよいでしょう。

utエイムの面接では、希望に沿って派遣先を提案をされるのですが、急募の案件がほとんどのため、1ヶ月以上先の案件は後日連絡ということもあるようです。