社会的貢献度が高く、大きな実績を残せるプラントの施工管理をご紹介!

プラントの施工管理の仕事内容とは?

工場地帯で特殊な設備を持つ製造工場を作る工事を管理するのが仕事です。基本といわれる4大管理「原価・工程・品質・安全」の管理を行います。

プラントには大きく分けて、食品工場や製薬工場などの「産業系」、発電所や化学工場などの「化学系」、浄水場や下水処理場、ごみ処理に携わる「環境系」の3つがあります。業種ごとに設計方法や生産の仕組みが違うので各業種での専門的知識が必要となります。

プラント施工管理の仕事のメリット・デメリットとは?

メリットは、規模が大きく長期的プロジェクトとなるので収入が高く安定していることです。自分の施工計画で多くの人を動かし、工期が完了し竣工した時には達成感が得られ、大きな実績となります。

デメリットとしては、工期厳守であることや、天候に左右されることが多く、残業や休日出勤が発生する要因が多いことです。現場以外にデスクワークもあるので労働時間が多くなり肉体的に辛くなることがあります。工期のプレッシャーだけでなく、命の危険と隣り合わせという緊張感もあり精神的な負担が大きいといえるでしょう。

プラントの施工管理の仕事はどう探すか?

建設関連の仕事に特化した転職サイトを利用したり、就職エージェントに頼ったりすることが一般的ですが、プラントの施工管理は人出不足が深刻な業界でもあるので、優秀な人材を引き抜くということもあるそうです。

プラントの施工管理として働くのに資格は不要ですが、資格を取得することで転職に有利になることがあります。プラントに種類があるので必要な資格を選択しなければなりません。1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士、高圧ガス製造保管責任者、公害防止管理者などいろいろありますが、大規模な工事を扱うので1級を取得する必要があります。

プラントの施工管理には一般的な施工管理の知識以外にも、マネジメント能力が必要になります。それは、特殊な設備を扱うために、エンジニアをはじめとしたたくさんの人とのコミュニケーションが大切になるからです。